A PARIS** harpist 佐々木美香のblog
wizmusic.exblog.jp
Top
カテゴリ:旅行(allemagne)( 2 )
|
2011年 09月 19日 |
彼とふたりでミュンヘンへ行ってきました。
夜行列車だったので1泊4日というハードなスケジュールでしたが、観光の時間がたっぷりとれて楽しめました^^

朝7時にミュンヘンに着き、カフェで朝食をとってからドイツ博物館へ向かいました。
c0215312_2132467.jpg

技術・科学系の博物館だったので、かなり難しい内容の展示物が多かったです。
説明はすべてドイツ語だったのでまったく分かりませんでしたが、歴代の飛行機や宇宙服など、見てるだけで楽しいものもありました^^
c0215312_220523.jpg

体験できるところもたくさんありました♪
c0215312_2182781.jpg


そのあとはバレンティン博物館へ。イザール門の中にあります。
c0215312_2323245.jpg

ガイドブックには「ドイツの笑いの真髄がここに!」と書かれていました。笑
が、説明のドイツ語が分からなかったので、正直見ていてもまったく理解できませんでした。。残念><


マリエン広場にある市庁舎では、決まった時間に仕掛け時計が動きます。
c0215312_2372514.jpg

c0215312_2383174.jpg


市庁舎の上に登るとミュンヘンの街並を一望できます!
c0215312_2411677.jpg

c0215312_2465182.jpg


広場の近くでランチ♪カツレツ!
c0215312_2393849.jpg



そして夜は念願のミュンヘンフィルハーモニーを聴きにガスタイクホールへ!
この日はシーズン1日目。現代的でとても綺麗なホールはお客さんでいっぱいでした。

プログラムは
チャイコフスキーの組曲第3番
ショスタコーヴィチのチェロ協奏曲第1番
スクリャービンの法悦の詩
でした。

ソリストはチェロ奏者のSol Gabttaさん。彼女が本当に本当に素晴らしかった!!!!あんなに素敵な音のチェロは初めて聴きました。
ホールいっぱいのお客さんが彼女の奏でるpppに聴き入ったとき、会場が一体となった気がして、とても心地良い空間でした。

もちろんミュンヘンフィルも素晴らしく、幸せな夜を過ごしました。
いつかもう一度聴きに行けたらいいな。

2日目に続きます^^
[PR]
2011年 09月 11日 |
ドイツのザールブリュッケンという町へ行ってきました!
パリから電車で2時間で行けてしまう、フランスとドイツの国境の町。

彼の師匠の先輩で、ザールブリュッケン州立歌劇場のコントラバス奏者の方にお世話していただき、とっても
充実した時間を過ごすことが出来ました。

1日目の夜には、なんと「蝶々夫人」のゲネプロを観させていただくことに!
c0215312_7113358.jpg

近代的で、とっても綺麗なホールでした。

原語はイタリア語、字幕はドイツ語だったので内容がさっぱり分からなかったのですが、
ソリストの方々が本当に素晴らしく、そしてプッチーニの音楽が美しくて、ラストでは涙ぐんでしまうほど感動しました。

背景に映像を使ったりと、かなり斬新な演出で、それもとっても楽しめました。
外国人から見た日本ってこういうイメージなのか。。と苦笑いしてしまう部分もありましたが…。それも含めて面白かったです。

私も10月に日本でオペラをするので、オペラでの音楽の在り方、というのがとっても勉強になりました。


あまり長い時間はいられませんでしたが、素敵な方々との出会いがたくさんあり、景色もとっても綺麗で、ザールブリュッケンが大好きになりました。
そして歌劇場のオケにとっても興味が沸きました。日本にもたくさん出来たらいいのになぁ。

c0215312_722764.jpg

c0215312_723697.jpg

c0215312_7241542.jpg


来週はミュンヘンに行ってきます^^
[PR]
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Pink Pearl Skin by Sun&Moon