A PARIS** harpist 佐々木美香のblog
wizmusic.exblog.jp
Top
カテゴリ:音楽鑑賞( 18 )
|
2011年 07月 03日 |
先日Olympiaにて行なわれた、ジャズピアニスト上原ひろみ(HIROMI)のLiveに行ってきました。
日本で一度行ったことがあったのですが、やっぱりフランスでのLiveは観客のノリが違う!そんな雰囲気も相まって、心から楽しめました^^
休憩なしの1時間半の演奏。あんなに短く感じられたのは初めて!

ピアノとベースとドラムというシンプルな編成ながら、ひとりひとりが奏でるパワフルなサウンド!いくらマイクがついているとはいえ、こんなに音って響く!?と思うぐらい、最初の一音から惹きつけられました。

HIROMIの演奏は、本当に音楽を楽しんで、ピアノを愛しているのが伝わってきます。
テクニックもアドリブも申し分ないほど素晴らしいけれど、一番私が感動したのは3人のグルーヴ感と、心から信頼しあったアンサンブル。
アドリブであろうソロまわしも、ピアノとベースがお互いに提示したメロディで掛け合いをして、本当に会話みたいでした。
ドラムも本当に素晴らしかった!長いドラムソロでは泣きそうになるぐらい感動しました。
特に左足!両手で激しく叩きながら、左足でハイハットをあんなに正確に刻めるものなのかと見ていると、いきなりバスドラがものすごい速度で鳴り出して。
少しドラムかじってましたが、あんなに素晴らしくて私好みの音のドラマーには初めて出会いました。

今回のLiveの感想は、「気持ちよかった!」の一言です。

突然のブレイクなんかに一瞬驚かせられるのですが、次の瞬間に「そうそう、その間!」と納得させられてしまったり、欲しいところに欲しかった音が来たり、
音がスッと体の中に入ってきたり。

楽しかったー!!

また日本でも聴きに行きたいです♪

そうそう、MCでHIROMIが紙を見ながら頑張ってフランス語を話してるのがとっても愛らしく印象的でした^^


ジャズのこと何も分からないくせに、偉そうにレポートしてみました。笑
[PR]
2011年 06月 03日 |
17区の教会で行われた、Sinfonietta-Parisのコンサートに行ってきました。

Symphonie No.29 KV201 / Mozart
Danses sacrée et profane pour harpe et cordes / Debussy
Serenade pour cordes Op.48 / Tchaikovski

2曲目のドビュッシーのダンスでは、梨乃ちゃんがソリストでした♥
c0215312_6495694.jpg

弦とハープの響きってほんとに素敵!教会っていうのがまた良かった^^

相変わらず梨乃ちゃんの演奏は安心して聴けます♥お疲れ様!
c0215312_657761.jpg


チャイコフスキーの弦楽セレナーデ、大好きなので聴けて嬉しかったです☆
擦弦楽器の響き、やっぱり好きだなぁ^^ハープには出せない響き。だからこそとっても勉強になります!
生まれ変わったらチェロがやりたい♥笑


そうそう。お昼に梨乃ちゃんからピエール・エルメのマカロンを頂いちゃいました♥
c0215312_6584175.jpg

おいしかった~!


このブログ、ほんと梨乃ちゃんばっかりだな。笑
[PR]
2011年 05月 21日 |
今夜はMarielle NORDMANN先生のコンサートを聴きに行きました。

17区のSainte Marie des Batignolles教会。中に入ったのは初めてだったのですが、なんだか造りが新しかったです。
c0215312_745543.jpg


1部はハープソロ。
2部はなんとバンドネオンとのDuo!初めて聴く組み合わせ。
音の相性も良いし、「ハープとバンドネオン、良い!」「ハープでタンゴ、良い!!」とひとり大興奮でした。
しかも私が大好きな、ピアソラ作曲の「アディオス・ノニーノ」も演奏されていて。
素敵だったなぁ~

教会が広くて天井も高かったためか、残響が多くて音がクリアに聴こえなかったのがとても残念だったのですが....

途中からはそんなことも気にならないぐらい、NORDMANN先生の音楽が本当に素晴らしかったです。
上手い・下手の次元じゃなくて、プロフェッショナルを超えた芸術家というか...



先生の音楽やコンサートの空気が、私がこれから音楽を続けていく上での「理想」にとても近くて、
でも今の自分とはとてもとても遠くて、

そんな現実に落ち込むどころか、なんだか嬉しくなってしまったのです。

音楽にもハープにも、まだ私が発見できてない魅力や可能性がたくさんある、ということがとても嬉しい。
明日にでも新しい発見があるかもしれない!と思うと、いつもわくわくした気持ちでハープに向かうことができるのです^^
それ以上に毎日新しい課題が見つかってしまうのですが。笑
それがあるうちはきっと幸せなんだろうな。


さて、試験まであと1ヶ月。気合い入れなおそう^^
[PR]
2011年 04月 07日 |
今夜は久しぶりにorchestre de Parisの演奏を聴きに行きました♪
チケットの値段が下がっていて、本当は34ユーロの3等席が、半額の17ユーロに!とっても良い席で聴くことができました^^

プログラムはこちら。

Finlandia, tableau symphonique, op.26 / Jean Sibelius

Concerto pour violon (WW) / William Walton

Symphonie n° 5 en si bémol majeur, op.100 / Serge Prokofiev


指揮 / Yoel Levi
ヴァイオリニスト / Gil Shaham


フィンランディアは今まで聴いた中でいちばん好きな演奏でした!
当時のフィンランドの混乱を表したような重苦しい序奏から始まり(金管楽器Bravoでした!)、クライマックスは「フィンランディア賛歌」をorchestre de Paris特有のあったかい音色で見事に歌い上げ...
本当に素敵な演奏でした。もう一回聴きたい!


今回いちばん感動したのは、なんといってもGil Shahamさんのヴァイオリン!!!!
音色が本当に素敵だった。あったかくて、優しくて、奥深くて。一音一音がとても丁寧で、心から音楽を楽しんでおられました。
アンコールで弾かれたバッハの無伴奏がまた良かった。


こうやって気軽にパリ管を聴きに来られるのもあと何回なんだろう。貴重な時間。大事にしよう。
[PR]
2011年 03月 26日 |
昨日、梨乃ちゃんとヴァオリニストである梨乃ちゃんのお父様のDuoコンサートを聴きに行きました。
とても素敵な中庭?での野外コンサート。風の音や、鳥の声、近くのノートルダム大聖堂の鐘の音、すべてがハープとヴァイオリンの音色に寄り添って、夢の世界みたいでした。
c0215312_20392635.jpg


一緒に行った奈美やまりこちゃんは、梨乃ちゃんの演奏を聴くのは初めてだったのですが、すごく感動してました。
梨乃ちゃんが誉められると美香も嬉しい。笑
彼女と一緒にパリで勉強しているということ自体、誇りに思えます。もちろん他のIsabelle門下の仲間たちも^^

コンサートのあとは奈美とまりこちゃんとgirls talk♪ちゃっかりお泊りさせてもらって、朝ごはんまで頂いて帰ってきました。
なんだか心休まった1日でした。
[PR]
2011年 01月 13日 |
今年初の音楽鑑賞は、やっぱりOrchestra de Parisでしたー^^
今回のお目当ては「ダフニスとクロエ」!!


Concert pour piano n° 2 en sol majeur, op.44 / Piotr Ilyitch Tchaïkovski

Harold en Italie, op.16 / Hector Berlioz

Daphnis et Chloé, suite n°2 / Maurice Ravel


指揮 / Paavo Jarvi
ピアニスト / Denis Matsuev
ヴィオラ / Antoine Tamestit


好きな曲を聴くと幸せな気持ちになりますね^^
2曲目の「Harold en Italie」は初めて聴きましたがとーーーってもいい曲で!ハープも大活躍だったので勉強になりました。
ハープが入ってる曲を聴けることってなかなかないので嬉しかったです!


今年のパリ管のプログラムは私好みなものが多いのです♥
2月には、オーケストラの曲で私がいちばん好きなチャイコフスキーの「ロメオとジュリエット」が!しあわせ~♥

これだけでその日まで頑張れそう^^♪とりあえず来週のマスタークラス!><
[PR]
2010年 11月 21日 |
2週間ぶりのヨガのあと、師匠Isabelleのコンサートへ行ってきました♥

どうやらradio franceとLE CENTQUATREの主催?で、今日と明日2日間、計6回のコンサートが行われるようです。
私は、フルート・クラリネット・弦カルテット・ハープの室内楽を聴きに行きました^^
いろんな編成のプログラムがあり、どれも本当に素敵だったのですが、ラストの7人全員でのラヴェル作曲「序奏とアレグロ」は本当に素晴らしかった!!!!
ハープがメインの曲なのですが、Isabelleのクリアな音が本当にきれいで、歌い方も素敵で、「こんなに素敵な人の生徒なんだ!」と思うと嬉しくて泣きそうになったぐらい。
いつもレッスンで言われることがどれだけ重要なことなのか、Isabelleの演奏ですべて納得できました。

そしてフルートのMichel Moraguèsさんと、クラリネットのCalogero Palermoさんも素敵でした!
なんて耳当たりのいいまろやかな音!そして切なくなるぐらいの表現力。

あ~もう本当にいいコンサートでした!しあわせ♥


コンサートのあとは、梨乃ちゃんと、ウェールズ人の子とイタリア人の子と4人で韓国料理に^^
フランス語と英語が混じり混じりで、英語になるとさっぱりわからなくなるわたし。笑
日本人が話す英語は分かっても、本場はわからない!(ふたりとも母国語ではないけど。。)
今はこれでよくても、やっぱり将来的には英語話せないとだめなんだろうなぁ。完全帰国したら勉強しよう><

でもとっても楽しいディナーでした♥みんないい子!


さて。。最近は怒鳴りたくなるほどの騒音問題に悩まされ、眠れないことが多いのですが。今日はすぐ寝れるといいなぁ。こっちで買った耳栓まったく効かないし(T_T)笑

Bonne nuit♪
[PR]
2010年 11月 12日 |
ロン・ティボー国際音楽コンクールのファイナル・コンサートを聴きに行ってきました!
昨年はピアノ部門でしたが、今年はヴァイオリン。昨年のロン・ティボーでも多くの刺激と感動をもらいましたが、今回も良かったです!

ファイナリストは5人。フランス人が3人に、ルーマニア人と日本人がひとりずつ。
今日のファイナルコンサートでのひとり1時間のプログラム、そして土曜日に行われるファイナル・コンチェルトの総合点で審査されるようです。

今日は最後のひとりを除いた4人の演奏を聴いてきました。(風邪ひきの上、あまりに空気が乾燥していて、咳をこらえることに耐えられなくなったため…。)
本当に個性豊かでおもしろかったです!
あんなに人と楽器が一体化して、感情と音色が一体化して、擦弦楽器ならではの深~い表現。ヴァイオリンってなんて素敵な楽器なんでしょう♥ 老後にやりたいです。笑

特に日本人の18歳の男の子。もう巨匠かと思うぐらいのオーラがあって(私的にですが…)、大胆な表現と深い音色が印象的でした。オーディエンスの反応もいちばん良かったように思います!
同じ日本人だと思うだけで、なんだか誇らしく思えてしまうのはなんでだろう。私もがんばらないと^^


風邪に冒されながらコンサートへ足を運んだ2日間。いつもよりも練習時間が足りてない!のに明日はレッスンです(T_T)大変。。。。
早起きして練習しよう><
[PR]
2010年 11月 11日 |
風邪で頭がぼーっとする中。。シャンゼリゼ劇場に行ってきました^^
お目当ては2005年のショパンコンクールで満場一致の一位に選ばれた、Rafal Blechaczのピアノ!!
オーケストラはポーランドから、Sinfoni Varsovia

プログラムはこちら。

Concerto pour piano et orchestre n° 1 / Chopin
Symphonie n° 9 D. 944 «La Grande» / Schubert


指揮 / Jerzy Semkow
ピアノ / Rafal Blechacz


私とひとつしか年の変わらない彼は、すごく素敵なピアニストでした!
とーーーっても軽くて、本当に羽が生えているような音の粒。リズミカルなところはクリアで、歌うところはどこか切なげな音色。
今度はソロで聴いてみたいなぁ^^

シューベルトの後にオケのアンコールがあり、フィガロの結婚を演奏していました。
これがとっても良かった~!
オペラの曲を、オケピじゃなくて舞台で聴くのはまた印象が違ってとても良いです♪


またシャンゼリゼ劇場のロケーションが良い!キラキラのエッフェル塔がすぐ近くに見えます^^
とーっても良い気分で帰宅しました♪
明日には風邪良くなってますように。。(._.)
[PR]
2010年 10月 20日 |
教会で行われたハープカルテットのコンサートに行ってきました。
思えばハープカルテットなんて聴くの人生初かも!!!
7区の小さなチャペル。どこか可愛らしく、雰囲気のある内装でした。
c0215312_721852.jpg


全員パリ音楽院を首席で卒業されているそうで、さすがのテクニック!
ドビュッシーの月の光や、ラヴェルのマ・メール・ロワ、バルトークにヴィヴァルディ…4倍になったハープの魅力が伝わる、素敵な編曲でした。
ハープは何台になっても、ほかの楽器ほど迫力のあるサウンドにはなりません。でも深みやあったかさは何倍にもなって、、とっても癒されます♪
ハープカルテット、いつかやってみたいなぁ(*^_^*)

c0215312_742548.jpg


偶然チラシを見つけてふらっと行ってみたのですが、とっても良かったです♪
こうやって気軽に音楽が聴けるっていうのはフランスのいいところ!
もっとフットワーク軽くして、たくさんの芸術に触れたいと思います^^
[PR]
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Pink Pearl Skin by Sun&Moon